塾で将来プラン設計|学習する楽しさを実感させ隊

最近の塾指導

個別指導の有効な利用方法

勉強

塾の指導というとイメージしやすいのが集団指導。数人〜数十人が一つの教室で一世に授業を受けるタイプのものです。この集団授業とともにいま塾の指導として主流となっているのが、個別指導です。 個別指導というと子ども一人一人のレベルやペースに合わせた指導を行ってくれることが魅力とされています。そんな個別指導は、学校の授業に合わせた指導をしてもらうだけでなく、特別な用事に合わせて指導してもらうこともおすすめです。 たとえば、英検や漢検といった検定試験の前にその勉強を集中して行うことも考えられます。一人だけではどのように勉強をしていいかわからない、適切なアドバイスがほしい、部活などをと両立しながら効率的に検定の勉強をしたいなどといったように、自分に合わせて検定試験合格を目指すことができます。 このように個別指導で子どもに合わせた指導してもらうことができます。

工夫したい個別指導利用

子どもの学力を上げたり、受験を乗り切るためには、家庭で塾の利用方法を工夫していくことが必要となります。 その一つとして、集団授業と個別指導の併用があります。集団授業は同じ学年の子供たちと張り合いながら目標に向かって勉強していける点が魅力です。しかし、集団授業だけでは理解しきれるか、授業についていけるか不安な方も多くいると思います。子どもの苦手な点は子ども次第ですのでつまずく点は人それぞれですが、集団授業だけでそのフォローができるかどうかについては疑問が残ります。その時に個別指導を併用することで、苦手な点つまづいた点でフォローをしてもらうことができます。子ども本人がつまづきに気づいていなかった時も、プロの目で見てもらうことで見おとしていたつまづきに気づいてもらうことができます。 現在、集団授業と個別指導を塾内で同時に行っているところもあります。そのような塾では気軽に併用をすることができます。また、集団授業と個別指導を塾内で同時に行っていない塾でも、1つの塾で集団授業、もう1つ個別授業の塾に通うことも可能です。